しみ治療の大原則について

category01

しみ治療は美容皮膚科などで受けられます。

レーザーを使った方法とクリームを使った方法が主ですが、どちらも根底は同じ、ターンオーバーの強制です。
そもそもしみの原因は肌内部に残ったメラニン色素が色素沈着したことです。



限度を超える紫外線や摩擦など、肌が大きなダメージを受けると発生するのがメラニン色素です。

肌内部をこういったダメージから守るために発生し、本来であればターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて最終的に垢となって体外に排出されるはずです。それが加齢やストレスなどが原因でターンオーバーが乱れて肌内部に残ったままになり、そのまま色素沈着したものがしみなのです。

大阪で高濃度ビタミンCの人気が上昇しています。

したがってしみ治療ではターンオーバーを強制して、肌内部で残ったままのメラニン色素を排出させます。ターンオーバーの強制というと聞こえがいいですが、要するに肌を剥がすわけです。


その手段がレーザーなのかクリームなのか、それぞれ違うだけです。

NAVERまとめに関する情報収集をサポートします。

肌を無理やり剥がすので、その後の肌ケアがかなり肝心になってきます。

レーザーによってしみが焼かれることでその下のきれいな肌が顔を出します。

ただ、この肌はまだ生まれたての赤ちゃん肌なので慎重に扱わないといけません。具体的には医師のオーケーがでるまでは、絆創膏ははがさないこと。

絆創膏が剥がれたとしても、紫外線や摩擦などの外部刺激には注意することです。

これが守れないとしみ治療によってせっかく取れたしみが再発したり、一回り大きくなる可能性があります。

美容をよく学ぶ

category02

年齢を重ねると少なからず肌のどこかにしみが出てきますが、しっかり治療をしておけばそれが目立つ事はありません。最近ではしみを予防するための施術などが美容皮膚科でも提供されていて多くの女性が助けられています。...

subpage

みんなの常識

category02

しみは紫外線を多く浴びる人やUVケアを怠っている人、さらにはメラニンの生成を抑制できなくなっている人などにできやすいものです。また、ニキビを潰すとその部分の組織が破壊され、治る過程で色素が沈着ししみとなって残ることもあります。...

subpage

目から鱗!

category03

しみ治療は必ず美容外科に通わないとできないというものではなく、セルフケアでも十分な改善効果が得られる場合があります。自分で行うしみ治療には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白効果のある化粧品成分を使用します。...

subpage

驚く情報

category04

シミができる原因もシミの状態も人それぞれ異なりますが、大きく分けると、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、雀卵斑(そばかす)、脂漏性角化症、花弁状色素斑の6種類があります。一般的に多い老人性色素斑や色白の人に多い雀卵斑(そばかす)のしみ治療には、レーザー治療が効果を発揮しますが、人によっては、肝斑と老人性色素斑が混ざっている場合もあり、治療方法の選択が難しい場合があります。...

subpage