しみ治療で気を付ける事

年齢を重ねると少なからず肌のどこかにしみが出てきますが、しっかり治療をしておけばそれが目立つ事はありません。
最近ではしみを予防するための施術などが美容皮膚科でも提供されていて多くの女性が助けられています。

しかし一度濃くなってしまったしみに対してはレーザーでのしみ治療をするしか方法はないでしょう。
レーザーで行うしみ治療は、皮膚内部の色素に働きかけてそれを除去していく方法ですから後になってまた再生してしまうという事がないので安心です。

濃いシミはそのままにしておくとホクロのように目立つ場合もあり顔の印象を大きく変えてしまいます。
簡単に出来る施術ですから早めに除去してコンプレックスをなくしておくのも良いのではないでしょうか。
しみ治療を受ける時に注意すべきなのはそのタイミングです。
施術をした直後はいつも以上にしみが濃くなったように茶色に変化します。



これは色素をレーザーで浮き出した結果ですから表面が濃くなるのは当然の事です。
しかしこの色はメイクで隠しても簡単に隠れるものではなく、ガーゼなどで覆わないと隠す事が出来ません。



ですから仕事が続く時や人前に出る事の多い時期は避けて、長期休みなどに受けた方が良いでしょう。

施術後にこのような状態になるのは1週間から10日程度で、かさぶたのようになった色素は自然に取れ、きれいな肌が戻ってきます。



かさぶたを早くとるためには乾燥させておいた方が良いですからガーゼなどで覆わなくても良い時期を選ぶ方が良いでしょう。