セルフケアでしみ治療

しみ治療は必ず美容外科に通わないとできないというものではなく、セルフケアでも十分な改善効果が得られる場合があります。

Weblio辞書の新しい魅力を紹介します。

自分で行うしみ治療には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白効果のある化粧品成分を使用します。

しみは強い紫外線を長時間浴びたりすることによって真皮のメラニン色素が増加して起こる症状です。メラニン色素はもともと肌にある程度存在している物質ですが、外部からの刺激がきっかけとなり大量に生成され、その後うまく排出されずに皮膚に沈着するとしみができます。

しみ治療の要は沈着したメラニン色素の排出を促すことにありますので、そうした作用のある美白成分でのケアが有効となります。



ビタミンC誘導体は美白成分として大変一般的なもので、美白作用は穏やかですが肌への刺激が少なく、どのような肌タイプの人でも使いやすい成分です。


生成されたメラニンを無色化して排出させる作用がある以外に、メラニンができる過程を阻害する作用もありますので、しみの改善と予防両方に効果を発揮する大変便利な成分です。


即効性は期待できませんが、日々のスキンケアに取り入れれば少しずつ効果を実感することができるでしょう。

大阪で高濃度ビタミンCについて悩んでいませんか。

ハイドロキノンはビタミンC誘導体と比べると美白作用は大変強く、肌の漂白剤との別称があるほどです。

美白作用が強い分肌への刺激性がやや強く、使用後は紫外線を浴びると成分が変質することがありますので、使用後の紫外線ケアを怠らないように気をつけましょう。